クレジットカード派のあなたもAmazonの買い物はギフト券チャージタイプで支払って還元率を上げる方法

この記事は約4分で読めます。

クレジットカード派であってもAmazonで買い物するときにはギフト券チャージタイプで購入すること。これで還元率が上がるよという話です。正確にはギフト券をチャージする時にポイント還元が受けられる、という話です。大きな手間がかからず還元率を上げられるのでおすすめです。Amazonで買い物することはよくあると思いますが、自分でも上記の方法を忘れてしまうことがたまにあるので自戒の念も込めて記事にしておきます。

ちなみに、現金払い派の場合はコンビニ・ATM・ネットバンキングでAmazonギフト券をチャージすると、チャージ金額、プライム会員か否かによって0.5~2.5%までポイント還元率が変わります。

一方、クレジットカード払いの場合はこのポイント還元の対象外なのですが、ひっそりと別キャンペーンが用意されており、キャンペーンにエントリーした状態でクレジットカードで5,000円以上チャージすると0.5%ポイント還元されます。クレジットカードのポイントは別で還元されるのでポイント還元2重取りができます。僕はクレジットカード派なので、こちらの方法を使っています。

詳細を説明していきます。

前提条件:プライム会員であること

前提としてプライム会員である必要があります。

後述しますが、プライム会員でないとキャンペーンにエントリーできないからです。

手順

還元率を上げる手順をもう一度おさらいするとこの通りです。

  • Amazonギフト券チャージタイプのキャンペーンにエントリー(初回だけ)
  • クレジットカードでギフト券を5,000円以上チャージする
  • チャージしたギフト券で買い物する

これだけです。残高がなくなったらまた5,000円以上チャージします。

詳細に見ていきます。

Amazonギフト券チャージタイプのキャンペーンにエントリーする

キャンペーンページはこちらです。必ずエントリーしてください。

https://amzn.to/2RR0hub

キャンペーンにエントリーするだけなら損することはないのでエントリーしておきましょう。

クレジットカードでギフト券を5,000円以上チャージする。

キャンペーンにエントリーした状態でクレジットカードでギフト券を5,000円以上チャージします。

必要最低限の金額をこまめにチャージすること

クレジットカードでチャージする場合は5,000円以上であれば金額の大小によらず還元率は同じ0.5%なので、必要最低限の金額でこまめにチャージすることをおすすめします。将来Amazonで買い物するとしてもです。

理由は資金効率が落ちるからです。Amazonギフト券として資産を持っているより、銀行や証券口座、株式等、他の資産で資産を持っていたほうがわずかでも金利がつきます。大きな金額ではないにしてもポイント等で資産を持つことはおすすめできません。

残高への反映タイミングについて

ちなみにギフト券の購入を完了してからギフト券残高への反映は即時に行われません。おそらく決済の認証等に時間がかかるからだと思いますが、購入完了から数分くらい遅れて反映されます。たまにギフト券をチャージしたつもりで買い物をしたけど、ギフト券残高に反映されておらず普通にクレジットカードで支払いしてしまったことがありました。

チャージしたギフト券で買い物する

買い物をするときに支払い方法の選択画面でギフト券の残高を使うようにします。

この設定を忘れるとデフォルトで設定している支払い方法になってしまい、ギフト券残高が使われません。

ポイント還元実績

ポイント還元例を載せておきます。

今回の例だとAmazonポイントとしての還元はギフト券へのチャージの翌月になっていました。若干時間差があるのでご注意ください。

チャージ

9月6日にAmazonギフト券チャージタイプに40,000円をチャージしました。

f:id:marc6:20200928003437j:plain
Amazonギフト券(チャージタイプ)

Amazonポイント 還元例

Amazonポイントは翌月10月14日に200ポイント還元されました。(40,000×0.5%=200)

まとめ

Amazonで買い物する時にはクレジットカードでギフト券をチャージしておき、ギフト券残高から支払いをするようにしましょう。微々たる還元ではありますが、手間が少ないのでおすすめの節約手法です。